コツを伝授

痛車を所有している人は全国各地に存在し、痛車を披露するイベントなども存在します。痛車を作る際には、作り方やシールの貼り方などのコツがあるので参考にすると綺麗に作成できます。

詳細はコチラ

車検をする

車を車道で走らすためには、時期が来たら車検を行なう必要があります。その車検は、車を購入したところで行なうことも出来れば、民間の車検場で行なうことも可能になっています。

愛車のデザインは、あなたの個性や嗜好を思う存分反映させましょう!痛車のデザインやフルカラーステッカーの発注は、のらいも工房で!

詳細はコチラ

使用する利点

自動車内で移動をしながら、飲食をする人も多いでしょう。子どもであれば、食べかすがぼろぼろと落ちる可能性があります。そういった汚れでシートが汚れるのを、シートカバーで防ぎましょう。

詳細はコチラ

日本の技術力の高さ

安全性を高める為に、いざという時に衝撃に強いドラレコを選びましょう。こちらで人気の機種を販売しているので参考にしてみませんか?

痛車を作成する人たち

キメキメの痛車をつくるのに欠かせないものと言えば、ステッカー。ステッカーと言っても手のひらサイズの様なコンパクトなものではなく、子供ぐらいの大きな物が必要になることでしょう。そうしたことから、痛車をつくる際は専門の業者を通して希望のステッカー作成をされる人がたくさんいます。業者に依頼をすれば、好きなアニメキャラの物をキレイに作成してくれますし、どんなに大きくても対応してくれます。また、痛車仕様ということで、水や汚れに強いステッカーを作ってくれるようになっているので、思い通りの痛車づくりが実現します。また、痛車において一番肝心なステッカーを貼る作業も簡単にできることから、初心者にとっても扱いやすい物が揃っているのです。

痛車を作成する人たちはみんな好きなキャラクターがあるから痛車にすると思います。ですが、これを作成する人はごく一部の人だと思います。アニメなどのいわゆる2次元が好きという人の中でも痛車をする人としない人がいると思います。目立ちたがり屋な場合は別ですが余り目立ちたくないという場合は痛車にしたいと思わないと思います。ではどのような目的でするのでしょうか。例えば、アニメなどのイベントで出展をする目的があって痛車にするということも考えられます。それ以外の目的としては単にアニメが好きでキャラクターを車に貼ってみたいという安易な考えな人の2つが考えられます。ですが、イベントに出展する人の場合がほとんどだと思います。