コツを伝授

痛車の作り方と張り方のコツ

痛車とはアニメやマンガのキャラクタをバイクや車の外装に貼ることを指します。痛車を作るにはまず素材を決めなくてはなりません。素材を決めないとステッカーを作ることが出来ないのでまず初めにそれを決めます。素材が決まったらデザインを決めます。車をどのようにコーティングするかによってステッカーの大きさが決まります。例えば車全体をキャラクタでコーティングしたい場合は大きさを少し大きめのステッカーを作ります。もし、全体にキャラクターにコーティングするのではなくて小さく貼りたい場合は小さくします。そのように自分のデザインによってステッカーの大きさを決めることが出来ます。ステッカーを作るのは業者に依頼することが多いと思います。

ステッカーを張る際の工夫

痛車のステッカーを貼るのに工夫すべきことは水を吹きかけてステッカーを貼ることだと思います。ステッカーに水を吹きかけることによって位置の修正が直貼りよりも少し楽になると思います。痛車を作るのに一番重要なのがステッカーのカッティングや貼る作業だと思います。カッティングは少しでもずれると大変なことになってしまいますし、貼る作業はまっすぐに貼らないと曲がって貼れてしまってカッコ悪くなってしまうので結構大変な作業だと言えます。痛車はステッカーが一番大事なのでこの作業に時間をかけてやると良いと思います。ステッカーを貼るコツですが水張りの場合ステッカーに水を吹きかけることによって位置を修正してステッカーを貼ることが出来ます。